未経験から副業でWebライターを目指す方にクラウドソーシングで経験を積むことをおすすめする理由

この記事は約9分で読めます。

これからの時代、「自分で文章を書いて稼ぎたい」という方も多いのではないでしょうか。しかし、これまで文章を書いてこなかった方にとって、Webライティングは結構ハードルが高かったりしますよね。

そこで活躍するのが、未経験でも仕事を受注することができるクラウドソーシングです。でもクラウドソーシングって本当に大丈夫なの?と疑問を持っている方もいると思います。

そこで今回は、実際にクラウドソーシングで案件を受注して、プロクラウドワーカーになった経験もある専業ライターの私が、これからWebライターを目指す人にクラウドソーシングをおすすめする理由について解説します。

クラウドソーシングで案件を受注するだけで、副業どころか専業ライターとしても十分通用するスキルを身につけることができるんですよ。 ただし、注意点を守って使うことが大切です。詳しい内容はぜひ本記事でチェックしてみてください。

はじめに:自己紹介

改めましてこんにちは、市川円です。普段は、自分で記事を書いたりライターさんに執筆を依頼したりしながら、Web業界で文章に関わるお仕事をしています。

今はあまり単価の低すぎるお仕事は受けていないのですが、ライターになった当初は文字単価0.1円などの仕事をばんばん受注していました

単価の低い仕事を受けること自体を良しとするつもりはありませんが、しかしそのおかげでWebライティングの基本を学ぶことができたのも確かです。

今回ご紹介するのは、私が実際にクラウドソーシングで学んだ経験からお伝えする内容です。Webライティングを一から始めたいという方は、ぜひ参考にしてください。

Webライター志望者にクラウドソーシングをおすすめする理由

それでは早速、なぜクラウドソーシングがおすすめなのか、その理由から解説していきます。

クライアントの期待値が低いので成功体験を積める

クラウドソーシングは、記事を発注している側の期待値が高くないので、納品した文章が承認されやすく成功体験を積むにはもってこいなんです。

期待値とは何のことかというと、ひとえに単価。クラウドソーシングのデメリットとしてまっさきにあがる単価の低さですが、チャンスを得るという意味ではメリットになります。

クライアントの期待値が低い案件が多いので、ライティングに慣れていない人でも受けやすい案件が必ず見つかります。「自分の書いた文章に値がつく」というのはとても貴重な体験ですので、そんな体験を手軽に味わえるクラウドソーシングはライターデビューにとても向いているんです。

バリエーションが豊富で視野が広がる

クラウドワークスやランサーズなど、クラウドソーシング大手の案件一覧を見ていると「そんな仕事もあるのか……」と勉強になることも多いです。

ここで大事なことは、「その文章にお金を払う人がいる」ということは、「その文章を収益化する方法がある」ということでもあります。

そしてこの感覚を掴めると、どういった案件が単価が高いのかもだんだん掴めてくるはずです。また将来的にブロガーを始めたいという人なら、案件を眺めるだけでもネタが集めの勉強になりますので、見たことがない方は案件を受注する前にぜひ一度チェックしてみてください。

とにかく量をこなせる

クラウドソーシングは単価にこだわらなければどんどん受注することができるので、やりたいときにやりたいだけやる、という方法が取りやすいのも魅力です。

いつも読んでいるメディアや憧れのメディアなど、執筆する媒体を選んで書こうとすると、どうしても書きたいタイミングに書きたいテーマで自由に書けるとは限りません。どころか、そもそもWebライターを募集していない可能性も高いです。

しかしクラウドソーシングで数ある案件の中から選べば、比較的自分にあったテーマを選びやすくなります。なおこの場合も単価は度外視することになりますが、Webライティングを磨く上で単価の低さはデメリットにはなりません。

Webライターにとって低単価が問題となるのは、単価そのものよりもその仕事の受注の仕方が問題だからです。この点については記事後半で、「クラウドソーシングを使う上での注意点」として解説します。

ライター講座をおすすめしない理由

クラウドソーシングの注意点を解説する前に、「ライティングを学ぶならライター講座などに通ったほうがいいのでは?」という疑問もあるかと思いますので、それについてお答えしておきます。

結論から言うと、「ライターになる前に講座に通うのはおすすめしない」というのが私の答えです。ちなみに私自身は、宣伝会議主催の編集ライター養成講座に半年間通っていたことがあります。

なおここで言うライター講座とは主に、「実際に通うスクールタイプのもの」を指します。

案件が確約されるものが少ない(中にはあるけど多くはない)

講座スタイルの授業はどうしても受け身になりがちで、「受けたけど結局なんだったっけ?」になることも珍しくありません。

中には卒業と同時に案件を依頼するものもあったりしますので、どうしても受けたいという場合はそういったタイプを選ぶことをおすすめします。

なお「卒業制作」として実際に記事を作る課題のあるライター講座もありますが、これはポートフォリオとして機能させるのが結構難しいので、無駄とは言いませんがあまりおすすめしません。

レベルが自分に合っているか分からない

ライティングと一口に言っても、さまざまな業務・案件があります。それを網羅的に解説するような講座の場合、自分に合ったレベルの授業が受けられるとは限りません。

基本的な助詞の使い方から?効果的なコピーライティング?紙面をイメージしたデザインまで?校正のことまで知りたい?

自分が何を重点的に勉強したいのかも決まっていない状態で受けるのは、あまり得策とは言えないでしょう。まずは、自分のレベルを知るところからです。

テーマが自分に合っているか分からない

ライティングと言ってもジャンルはさまざまです。

小説っぽいエモい文章が書きたいのか?SEOライティングがしたいのか?ブックライターになりたいのか?ブログに特化したライティング術を身に着けたいのか?

これらの違いが分からない段階で受講しても、実践的なライティングスキルは身につきません。さらに、ライターになる前に受講してもそれが自分に合っているかわからないうえに、「これで稼いでいくんだ」と腹を括れていないと学習の吸収効率も非常に悪くなります

まずは書きましょう。そして書いたものに価値があることを知り、それから悩みましょう。もちろん悩まずに突き進めれば、それに越したことはありません。

クラウドソーシングを使ううえでの注意点

というわけで、個人的にはライター講座などに通ってスキルを身につけるより断然クラウドソーシングがおすすめなのですが、クラウドソーシングは節度を守って使うことでより効果が発揮されます。

使い始める前に、ぜひ次の注意点を頭に入れておいてください。

1つの案件に固執しない

1つの案件をやりながら、「受かった」「落ちた」「連絡がこない」などなどで一喜一憂しないように注意してください。

クラウドソーシングをやる目的は、「成功体験を積むこと」「いろんな案件に触れること」「とにかく量をこなすこと」の3つです。

そしてこれ以外は目的ではありません。そのため、1つの案件で連絡がこないなら次を探せばいいですし、落ちたのならやっぱり次を探すだけです。ひとつひとつの案件に執着していると、実際のライティング以上に精神的に消耗してしまいます。

安定して量をこなしていくためにも、例えば1案件につき3営業日返事がなければどんどん次を探す、といった具合に、自分ルールを考えておくとよいでしょう。

はじめのうちはお金を目的にしない

どのぐらいのペースで量をこなしていくかにもよりますが、少なくとも半年から1年ぐらいはライティングによる収入を期待しないほうがよいでしょう。

参考までに、私が実際にクラウドソーシングをやり始めたときの収入を公開します。

  • 1ヵ月目:25,202円
  • 2ヵ月目:124,553円(うち4万円はライティング以外の業務)
  • 3ヵ月目:55,256円

「なんだ、思ったより稼げるじゃん」と思われたでしょうか。ちなみにこれ、専業ライターとして稼いだ金額です。この期間中、これ以外の収入はありませんでした。

月30万円ぐらいの仕事を捨てて、月200時間くらい働いてこの収入です。それでもクラウドソーシングに収入を期待しますか?

おすすめする理由の中でも触れた通り、クラウドソーシングはどうしても単価の低い案件が多いです。特に未経験歓迎の案件となればなおさらで、その単価でまともな報酬を稼ぐのは現実的ではありません。

何かしら専門的な知識がある方は別ですが、純粋にライティングで稼ぐ場合は、くれぐれも初めのうちはお金を目的にしないようにしてくださいね。

本業を続けられなくなる量を入れない

これもやりがちな失敗なのですが、将来のために頑張りたいからと言って、そしてクラウドソーシングの魅力がいかに量をこなせるところだからといって、本業をおろそかにするほどの案件を受注するのは問題です。

大事なのは、こなす量よりも継続する期間。毎日1記事書ける人と、週に1記事しか書けない人では、当然毎日書いた人の方が上達は早いです。しかし、それが1週間しか続かないのでは意味がありません。

自分に合ったペースは1週間に1記事なのか、隔週1記事なのかを見極めること。そしてそれを、1年2年と続けていくことに意味があるのです。

副業に限らず、ライティングで稼ぐということは今後一生文章と関わっていくということでもあります。一時的な頑張りでは意味がありませんので注意しましょう。

クラウドソーシングにおすすめのサイト

それではここからは、実際にクラウドソーシングを始めるのにおすすめのサイトを紹介します。

おすすめはクラウドワークス。ただはっきり言ってどれでもいい

強いて言うならば、個人的にはクラウドワークスがおすすめです。ランサーズも規模としては大きいですが、初めて取り組みやすい案件が豊富なのに加え、発注者目線で使いやすい仕様になっているので、 質のいいクライアントが多いと言えます。

ただ、ぶっちゃけてしまうと、どれも大差ありません。どれでもいいというか、いくつも使うという意識があったほうがうまくいきます。

これも注意点のひとつで、「1つの案件に固執しない」のと同じように、「1つのサイトやサービスに固執しない」ことも重要です。

いくつかのサービスを使うことで見えてくる共通点、案件の傾向がありますので、それを学べることもクラウドソーシングに取り組むメリットのひとつと言えます。

英語案件がやりたい、など希望があれば特化型も可

将来は英語の副業も目指したい、ブログではテック系の記事が書きたい、ペットの紹介もしたい、などなどある程度書きたい記事傾向が決まっている方には、特化型のクラウドソーシングがおすすめです。

中にはクラウドソーシングサイトの一覧リストを紹介してくれているサイトなどもありますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

まとめ

以上、「未経験から副業でWebライターを目指すならとりあえずクラウドソーシングで経験を積むことをおすすめします」という話でした。

自分には難しそう、という方も、いざ案件を受注してみれば意外と簡単なことがわかると思います。私にはできないなんて恐れずに、ぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました