高卒未経験から公認心理師の資格取得までにかかる費用を計算してみた

この記事は約10分で読めます。

この記事では、高卒(心理学系の大学を出ていない大卒含む)で心理学系の実務経験が一切ない未経験の社会人が、心理系唯一の国家資格である公認心理師を取得するためには、いったいどのようなルートをたどればいいのか、そして費用はいくらかかるのかを紹介します。

社会人でこれから公認心理師を目指そうと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

公認心理師とは

まずは、公認心理師という資格の概要についてです。

心理カウンセラー唯一の国家資格

公認心理師は、2017年に新設された新しい資格であり、それまで民間資格しか存在しなかった心理カウンセリング系の資格の中で唯一の国家資格です。

公認心理士法で定められる定義は下記の通りですが、平たくまとめると「心理カウンセリングのプロ」と言って差し支えないでしょう。

公認心理師の定義
  1. 心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
  2. 心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
  3. 心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
  4. 心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

参考:公認心理師|厚生労働省

公認心理師になるメリットは仕事が見つけやすいこと

公認心理師になるメリットは、なんといっても信頼性が高く、かなりの確度で心理療法に関わる業務をできるという点です。

臨床心理士や産業カウンセラーなど、一部の認知度の高い資格を除き、心理カウンセラー資格は「それ単体では仕事に繋がらない資格」がほとんどでした。

それに対し、公認心理師は国家資格ということもあり、求人情報などを見てもほとんどの関連業務において応募資格のひとつとして認められています。

一方で、まだまだ認知度は低いため、独立開業を目指すカウンセラーにとって有用な資格かというと難しいところです。認知度の面ではやはり臨床心理士や産業カウンセラーのほうがまだまだ有利と言えるでしょう。

公認心理師とその他資格の違い

公認心理師とその他の資格との違いについても把握しておきましょう。

臨床心理師との違いは「調査・研究」か「発信・提供」か

臨床心理士の定義には、「心の問題への援助を行っていくうえで、知識や技術を高めるための調査や研究を行う」と含まれているのに対し、公認心理師の定義には、「心の健康についての知識や情報の発信・提供を行う」と含まれています。

これをもう少しかみ砕くと、臨床心理士がよりプロフェッショナルとして専門性を高めることに重点を置いているのに対して、公認心理師はゼネラリスト的にチームや地域の中でその知識や技術を提供することが求められていると言えるのではないでしょうか。

なお、臨床心理士についてはこちらの記事も参考にしてください。

公認心理師の受験資格を得るには

続いて、公認心理師になるために必要な受験資格について見ていきます。

受験資格は「大学+大学院」か「大学+実務」の2つ

公認心理師の資格試験を受けるためには、次の受験資格のうちいずれかを満たす必要があります。

公認心理師の受験資格
  • 指定の大学+大学院を修了している(Aルート)
  • 指定の大学修了+実務経験が2年以上ある(Bルート)
  • 海外の大学・大学院を修了するなどして、A・Bルートと同等の知識・技能がある(Cルート)

そのほかにも2017年9月の施行以前に大学・大学院へ入学していたかどうか、といった特例措置(D~Gルート)もありますが、これから公認心理師取得を目指す場合には関係ないため今回は割愛しています。

参考:公認心理師の資格取得方法について(PDF)|日本心理研修センター

指定の大学・大学院は一覧から探すと便利

A・Bルートで言う指定の大学・大学院とは、厚生労働省が定める「公認心理師となるために必要な科目」を取り扱っている心理学に関する教育機関のことです。

この学校で学べば必要な科目を抑えられる、というカリキュラムを組んでいる学校ということですね。

ひとつひとつ確認しようとすると大変なので、探す際は下記のような一覧サイトを参考にするとよいでしょう。

公認心理師<国>を目指せる大学・短期大学(短大)一覧(128校)【スタディサプリ 進路】
公認心理師<国>を目指せる大学・短期大学(短大)を128校掲載中。エリア、定員数、学費、学校の特長、学部・学科・コースの詳細で自分に合った大学・短期大学(短大)を絞り込めます。大学・短期大学(短大)選びなら【スタディサプリ 進路(旧:リクナビ進学)】

参考:公認心理師法第7条第1号及び第2号に規定する公認心理師となるために必要な科目の確認について|厚生労働省

実務経験は「認定施設で働いた経験」である点に注意

もう一つの受験資格である実務経験ですが、これは省令で定める施設での実務経験のことを指しています。何でもいいから心理カウンセリング業務につけばいい、というものではないため注意が必要です。

省令で定める施設とは、具体的には「実務経験プログラム」を作成し、 文部科学省・厚生労働省から審査・認定を受けた施設のこと。

実務経験プログラムは、「どのように実務経験を積んでもらうか」を計画したプログラムのことで、当分の間は文部科学省・厚生労働省が直接審査・認定を行うとしています。

実務経験プログラムの詳細については、公認心理師法第7条第2号に係る実務経験について(素案)|厚生労働省をご覧ください。

なお、厚生労働省の認定施設一覧を見る限り、2020年2月現在、認定施設は5種類のみとなっています。

参考:公認心理師法第7条第2号に規定する施設の文部科学大臣及び厚生労働大臣による認定等について|文部科学省

確実に受験資格を得るなら「大学+大学院」がベター

というわけで、公認心理師の受験資格を得るためには「指定の大学と大学院を修了する」か、「指定の大学を修了したのちに、指定の施設で実務経験を得る」かのどちらかの方法があるのですが、現実問題として実務経験ルートはかなり難易度が高いです。

2020年2月現在、認定を受けている施設の一覧と、それぞれの施設における年間採用者数の目安は下記の通りとなっています。(公認心理師大卒実務経験ルートは超難関の内容を一部参考にさせていただきました)

実務経験プログラム認定施設一覧と年間採用者数の目安
  1. 少年鑑別所及び刑事施設(法務省矯正局):約100名
  2. 一般財団法人愛成会 弘前愛成会病院: 2名
  3. 裁判所職員総合研修所及び家庭裁判所: 約60名
  4. 医療法人社団至空会 メンタルクリニック・ダダ:5名
  5. 医療法人社団心劇会 さっぽろ駅前クリニック:4名

すべて足し合わせても約170名です。

これに対し、公認心理師を目指す母数ははるかに多く、しかも実際の採用では臨床心理士資格をすでに取得した人なども候補に含まれるため、なかなかこの枠を勝ち取ることは難しいでしょう。

認定施設も今後増えることが予想されますが、少なくとも現状で判断する限りは、「指定の大学+大学院」を修了するAルートを想定しておいた方がよさそうです。

公認心理師になるのにかかる費用

続いて、Aルートで公認心理師を目指す場合にかかる費用総額を計算してみます。

受験資格を得るまで:大学4年100万円+大学院3年250万=約350万円

Saving Money with Smartphone Apps for Internet Mobile Banking concept

まず受験資格を得るまでにかかる費用は、ざっくりと大学4年+大学院3年(最短2年)の学費が中心です。

大学に関しては通学よりも通信課程を選択した方が学費を抑えられ、公認心理師資格に対応している4つの大学では、いずれも4年間で約100万円程度かかります。

※なお、心理系以外の大学を卒業している人の場合、3年次編入が可能です(が、実習時間の都合上合計3年間の在籍が必要になるため、費用としては15万円程度安くなるのみ)

公認心理士資格対応の通信課程のある大学
  • 放送大学(実習は首都圏)
  • 東京福祉大学 心理学部 心理学科(実習は群馬、東京)
  • 聖徳大学 心理・福祉学部 心理学科(千葉)
  • 京都橘大学 健康科学部 心理学科(京都)

次に、大学院に関しては通学を前提として費用を計算します。( 大学院は実習時間が450時間と長く、 通信課程で履修することは難しいため)

公認心理師対応の大学院卒業までの費用は、実習費によっても増減しますが、大まかに250~60万円程度です。

というわけで、受験資格を得るまでにかかる費用は「少なくとも」、大学4年100万円+大学院3年250万円=350万円程度になります。

試験~登録までにかかる費用:50900円(+講座受講費用)

大学と大学院を修了し、無事受験資格を得ることができたら、いよいよ実際に受験です。

受験にかかる手数料は28700円です。合格後の登録手数料7200円、登録免許税15000円を合わせると、合計で50900円になります。

なお、受験するにあたって気になる試験の難易度や合格率ですが、2018年度は79%とかなり高水準だったのに対し、直近の2019年度は46%とかなり低くなりました。これは、2018年度の第1回試験ですでに現場で活躍している心理カウンセラーがあらかた合格し、第2回から本来の受験生レベルになったと考えられます。

この合格率もあってか、公認心理師対策講座なども多く登場していますが、実際に公認心理師に合格した人の声では「事例問題に答えられなければ難しい」との意見もあるため、座学よりも実習の機会をとにかく大切にしたほうがよいかもしれません。

もし対策講座も利用する場合は、さきほどの5万円に加え、5万円~20万円程度の講座受講費用がかかることになります。

結論:「360万円前後の費用+7年の期間」で高卒未経験からでも取得可

以上のことから、大学と大学院修了までの費用である350万円と受験手数料などを加えた約360万円という費用と、7年間という時間コストを支払えば、高卒未経験からでも公認心理師は取得することが可能です。

くわえて、一度で合格できなかった場合や、試験対策講座やテキストなどの利用などを加味して、総額で400万円程度を想定しておくとよいのではないでしょうか。

おまけ:公認心理師はコストに見合う資格か?

最後に、これは今回の記事の主旨と少しそれますが、公認心理師が400万円というコストに見合う資格かということについても考えてみたいと思います。

結論から言うと、7年という期間は非常に長いものの、400万円という費用で取得できるのであれば決して高くはない資格と言えます。

公認心理師についてはまだ十分なデータがないため、ここでは「臨床心理士と同水準の資格」として臨床心理士のデータをもとに考えてみましょう。

その前提でいくと、平均年収はおよそ300~500万円となることが予想されます。

これ自体は決して高いとは言えない水準ですが、そもそも公認心理師はお金のために取得するという要素が薄いうえに、公認心理師はじめ心療カウンセリングに携わる仕事の強みは、そのほかのあらゆる業務に応用できる点です。

例えば、カウンセリングの知識・技能があるだけで、身近な人との人間関係を円滑にしやすくなります。これは実際の数字などに表れる要素ではありませんが、非常に強みとなるでしょう。

公認心理師ではありませんが、私自身の体験談として、カウンセラー資格を取得した最大のメリットは、夫婦でのコミュニケーションがより円滑になったことだと感じています。

まとめ

今回は、高卒未経験から公認心理師取得を目指す場合にかかる費用についてまとめました。

現時点では実務経験となる受け入れ先が少ないこともありAルートを中心に計算しましたが、公認心理師はまだまだ新設の資格であるため、今後も随時アップデートされていくことが予想されます。

そのためこれから取得を目指す人が大学を修了するころには、案外実務経験の間口も十分に広がっているかもしれません(受け入れることによる手当などが充実しない限り、施設側がその体制を用意するメリットはまだまだ少ないですが)

いずれにせよ、これから目指す方はまず大学に入り勉強をし、勉強しながら公認心理士資格の動向を見守っておくことをおすすめします。

公認心理師
公認心理師について紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました