認定心理士ってどんな資格?他の資格との違い・取得方法をまとめて解説

この記事は約6分で読めます。

参考:認定心理士の資格を取りたい方|公益社団法人日本心理学会

認定心理士とは

認定心理士を取得する方法を解説する前に、まずは認定心理士に関する基本的な情報を紹介します。

大学で心理学を勉強したことを証明する資格

認定心理士は、一言で言うと「大学で心理学を勉強したことを証明する資格」です。

ちょっと掘り下げて言うなら、日本心理学会が認定する民間資格で、心理学の専門家として仕事をするために最小限必要な基礎学力・技能を修得している人に与えられる資格です。

日本心理学会のホームページ上でも「心理学の専門家として」と銘打たれているものの、実際には専門家であることの証明というよりも、「心理学を専攻していたことの証明」といったニュアンスで使われます。

心理学、と一口に言ってもその対象範囲は実に幅広いため、場合によっては学科名だけではその専門分野が特定できない(人間科学専攻、など)ことがあり、そういった場合に「認定心理士」資格を持っていると心理学が得意であることが伝わりやすいんです。

取得するメリットは「心理学を学んだことの証明」以外には特にない

認定心理士を取得するメリットはひとえに、「4年制大学の心理学科で、 心理学の基礎知識・技能を修得してきたことが証明できる」ということです。

逆に言うと、それ以上のメリットもないためすでにより上位の資格を持っている人にとっては、ほぼ意味のない資格と言い切ってよいでしょう。

ただ更新の必要もないため、一度取ってしまえば生涯名乗れるというのは便利と言えば便利かもしれません。(いわば「○○学科修了」の代わりなので、更新がないのは当たり前と言えば当たり前ですが)

その他の資格との違いは「最小限」である点

臨床心理士や公認心理師といったより専門性の高い資格との違いは、専門家ではあるもののあくまでも「最小限」である点です。

認定心理士・臨床心理士・公認心理師の比較
  • 認定心理士:心理学を勉強したことの証明
  • 臨床心理士:歴史ある民間資格で信頼度も需要もある
  • 公認心理師:歴史の浅い国家資格でまだ認知度は低い

心理学を勉強したことを証明したいだけならば認定心理士で十分ですが、本格的に心理カウンセラーとして活躍を目指すなら、臨床心理士や公認心理師を目指した方が無難です。

認定心理士を取得するためのステップ

それではここから、認定心理士を実際に取得するためのステップを解説します。

①大学で資格取得に必要な科目と単位を履修する

認定心理士を取得するためには、まず大学で資格取得に必要な心理学系の単位を履修する必要があります。

日本心理学会に具体的な要件がそれぞれ記載されていますが、これを参考に大学を選ぶのははっきり言ってかなり手間です。

そこで実際に探す際は、「認定心理士対応学科」などで検索すれば下記のようなサービスが出てきますので、こういったものを参考にするとよいでしょう。

日本心理学会認定心理士 | 大学・専門学校の【スタディサプリ 進路】
日本心理学会認定心理士をとるには、就職先、受験資格、合格率難易度に関して紹介しています。また、日本心理学会認定心理士を目指せる大学・短大・専門学校の学校一覧を掲載中(160校)【スタディサプリ 進路(旧:リクナビ進学)】

②日本心理学会に申請。申請方法は3種類

必要な科目と単位を履修したら、次に日本心理学会に「これで認定してもらえますか?」という審査依頼を申請します。

この申請方法には3種類ありますので、自分が当てはまるものを選択しましょう。

A. 認定申請:大学卒業後に申請する場合

認定申請は、大学卒業後に希望者が申し込むためのもので、もっともスタンダードなルートです。

大学に在籍してた期間中に取得した単位を、認定単位として申請します。なお、他大学で履修した単位を含めることも可能です。

なお申請手続きは電子申請のみとなっており、下記ページから申し込むことができます。

認定心理士(心理調査) | 日本心理学会
公益社団法人日本心理学会の公式ホームページ

B. 仮認定申請:大学卒業前に申請する場合

仮認定申請は、大学卒業前に「仮認定証」を発行してもらうための申請です。

仮認定証が認められている背景としては、就活などで有効活用するためには、卒業前の時点で資格が必要なためだと考えられます。

仮認定証の申請には卒業見込証明書が必須となりますが、それ以外の要件は基本的に認定申請の場合と特に変わりません。

なお、仮認定証の有効期間は大学卒業までとなるため、無事卒業した後は卒業証明書を用意して速やかに正規の認定を受けましょう。

C. 日本心理学会会員の優遇措置:心理学会員かつ心理学を教える立場の場合

すでに日本心理学会会員であり、さらに大学等で心理学関連科目を担当する教員である場合、Cルートである日本心理学会会員の優遇措置を受けられる可能性があります。

A・Bルートの認定手続きとはまったく異なりますので、これに該当する可能性のある方は、日本心理学会事務局へ問い合わせてみましょう。

③申請が通ったら認定料を振り込む

申請が承認されたら、事務局から「認定の通知」と「郵便振替用紙」が送られてくるので、この用紙で認定料を振り込みます。

日本心理学会に明記されている通り、審査が通っても認定料が振り込まれなければ認定心理士名簿には登録されません。

認定料は、資格取得後の研修費用なども込みで3万円となっています。また審査時点でも審査料として1万円を支払う必要があるため、認定心理士取得に必要な費用は計4万円となります。

  • 審査料:1万円
  • 認定料:3万円

認定料を振り込んだことが確認されると、いよいよ認定証とIDカードが送付されます。

④更新の必要はなし!

認定心理士のメリットとしても挙げた通り、認定心理士は更新の必要はないので取得した以降何もする必要はありません。

ただ、心理学の知識を現場で活用していくなら、関連情報のアップデートは必須です。

簡単に心理学の最新情報に触れたいという方には、日本心理学会会員になるという手もあります。

公益社団法人日本心理学会への入会のお誘い|日本心理学会

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

認定心理士は、大学で心理学を学んだことを証明したい人にとっては有用な資格と言えるでしょう。

一方で、心理学を専攻してきたことを証明できないことに不便を感じないのであれば、わざわざ取る必要のない資格と言えるかもしれません。

しかし、2015年には企業のストレスチェックが義務化される(参考:ストレスチェック制度導入マニュアル)など、心理学やメンタルヘルスに関する認識は年々高まっており、心理学に強みを持つ人材の価値も以前に増して高まっています。

なお、心理カウンセラーを目指すうえで取得すべき資格が知りたいという方には、下記の記事もおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました