ブログを書けない理由と書けないときの3つの対策

この記事は約3分で読めます。

ブログは毎日更新することが大事だよ、と多くの記事で紹介されていますが、なかなか更新し続けるのは大変です。書きたくても、書く時間をどんなに確保したつもりでも、書けないときは書けません。

そこで今回は、Webメディアで編集・ライターとして勤務しながら、noteの毎日更新を100日以上続けた私が、ブログを書けない理由と書けない時の3つの対策を紹介します。

ブログを書けない理由と書けないときの3つの対策

まず初めに、ブログを書けない理由をはっきりさせておきましょう

①書き方がわからない
②人に読まれるのが恥ずかしい
③ネタが思い浮かばない

だいたいの人が、このいずれかに当てはまるのではないでしょうか。それぞれ対処法をご紹介します。

①「書き方がわからない」なら「調べて試せ」

ブログの書き方がわからない!と足踏みしているなら、「ブログ 書き方」などで調べて、書いてあることをとにかく試しましょう。

とりあえず試してみて、そのあとで納得にいかない記事があれば非公開にしたり再編集したりすればよいのです。

まずは、書いて公開する、という一連の流れに慣れることが重要です。

ちなみに文字数とかもあまり気にする必要ありません。ブログは後から足したり引いたりできるのが大きな強みなので、この強みを活かしていきましょう。

②「恥ずかしい」なら「読まれないことを知る」

文章自体はなんとなく書けたけど、これで公開していいものか自信がない……

こういう状態の人は、「そもそもWebの記事なんてほとんど読まれない」という現実を知るといいかもしれません。

それこそnoteやはてなブログといった、サイト内流入などによる閲覧が見込まれるサービス上で書くならまだしも、素人が書くブログの1記事なんて誰も読みません。

むしろ、どうやって読んでもらおうかとみんな苦心しているのです。

その読まれなさはどの程度かというと、「そもそも検索しても表示されない」状態だったりします。

この状態のことをSEO的には「検索エンジンにインデックスされていない」と言って、インデックスされるためには結構更新を頑張らなければいけません。

③「ネタが思い浮かばない」なら「絞りに行け」

ブログのネタは、ある瞬間ふと思い浮かぶ、そんな類のものではありません。

そういうネタも中にはありますが、それに頼っていると継続的に書くことができなくなってしまうため、「書きたいときに書けるネタを見つける力」が必要です。

このとき大切なのが、「いろんなネタに触れる」ことではなく、「絞り込むこと」。

ネタそのものは日常生活にあふれているのですが、インプットしすぎるとどれに絞っていいものかわからなくなってしまいます。

そこで、「今日は今飲んでいるお茶について記事を書こう」と決め打ちする感覚が重要です。

本当にそのネタで記事が書けるかどうか、ではなく、「どんなネタでも1本の記事ぐらいなら書ける」という自信を身に着けることが大切。

なお、「それは果たして読まれる記事なのか?」というのはちょっと難易度が高い話なのでここでは割愛します。

おまけ:ライティング力を高めたいなら写本がおすすめ

「そもそも文章を書いたことがない」という人には、まずは1本の記事、1冊の本、1つのブログを写し書く「写本」から始めることをおすすめします。

そうして理想とする文章や記事の形を、少しずつ自分のものにしていくのです。

書き写す対象がパッと思い浮かばないなら、「どれを自分のものにしたいか」という目線でいろんな文章に触れてみてください。

それだけでも自然と書く力は身についていきます。

自分のものにしたい対象に出会えないなら、こんな文章、こんな記事、こんな本を書いてみたいな、と思えるものに出会うまで続けてみてください。

ライティング力を高めるうえで、目指す目標を見つけることはとても重要です。

タイトルとURLをコピーしました