【2020年最新版】ブログを毎日更新するコツ【意志よりも仕組みで解決】

この記事は約9分で読めます。

早くブログで結果を出すために毎日更新がしたい。でもやってみたけどぜんぜん続かない。すぐに更新間隔が空いてしまう……。

そんな方へ、2019年末からブログを始めてなんとか毎日更新し続けられている私から、ブログを毎日更新するコツをお届けします。

今回はおおまかに、下記の流れで毎日更新のコツを解説していきます。

この記事のまとめ
  • 本気でブログの毎日更新がしたいなら「なんとなく」でやるのはNG
  • 「毎日更新」は習慣の見直しが必須
  • 毎日更新すること、よりも、価値ある記事を更新すること、のほうがPV数は増える
  • 1週間毎日更新、よりも、1ヵ月間隔日更新、のほうが記事数は多い

ブログを毎日更新するコツ

それでは早速、ブログを毎日更新するコツについて解説していきます。

「適当でもいいからとにかく更新すればOK」という感覚は捨てろ

毎日更新のコツというと、

「継続すれば結果はついてくるからとにかく継続のハードルを下げよう」

という文脈が多いのですが、個人的にこの方法は本気であればあるほどよくないと考えています。

筋トレで例えると分かりやすいかもしれません。まったく負荷がかかっていない状態でいくらトレーニングしても、なかなか筋肉を鍛えることはできませんよね。

ブログもそれと同じで、毎日試行錯誤しなければ、いくら更新し続けても成長しません。

そして何の成果にも繋がらない作業を習慣化できたところで、何の役にも立ちません。

根性論でなんとかしようとする考え方も捨てろ

毎日更新が続かないことを「意志」のせいにしてしまう人が中にはいます。

「なんでこんなこともできないんだろう」という自分への責めは、何の得もないので早いところ捨てましょう。

何かを継続するときに必要なのは、意志ではなく仕組みです。ブログに限った話ではありません。

さらに仕組みにも2種類あって、作業環境とルーチン化というアプローチを取ることができます。

やりたいことをやるための作業環境を整え、どうやってやるかというルーチン(順序)を決めて、ようやく習慣になるんです。

ブログを毎日更新するという習慣は、それ以外の習慣をすべて破壊するくらいの覚悟がなければ作り上げられません。

1記事にかかる時間は人にもよりますが、きちんとした内容を書けば早くても3時間はかかるでしょう。

1日3時間の作業習慣を身に着けるのは、並大抵のことではありません。

例えば私の妻は英会話スクールのライザップイングリッシュに3ヵ月間通いましたが、これはまさに「1日3時間の英語学習習慣を身に着けるため」の講座で、この習慣を身に着けるために50万円という高い金額を支払うんです。

同じことを自分一人でやろうとするのですから、相応の対価を支払う必要があることは想像に難くありません。

これを意志の力でなんとかしようとすると、「どうして自分はこんなこともできないのだろう」とどんどん自分を追い込んでしまいます

絶対に意志の力でなんとかしてはいけません。気を付けてください。

1日の最優先事項にして「ブログを書かなきゃ何もできない状態」にする

というわけでここからは、具体的な方法論に入っていきます。

まずは、ブログを書くことを1日の中の最優先タスクにしてしまいましょう。

具体的には、Twitterやるとか、ゲームするとか、テレビを見るとか、何か日課があるなら、それよりも先にブログを持ってくること。

そして、ブログをやらなきゃそれらができない、というルールにしましょう。

そうは言っても頭で考えるだけではなかなか達成しづらいと思うので、下記のように視覚化するとよりやりやすくなりますよ。

  1. ブログ1記事更新
  2. YouTubeを見る
  3. 録画したテレビ番組を見る
  4. Twitterを見る

①から順に消化しないと次へ進めない、と決めるんです。リストアップしてみると、普段の習慣の無駄の多さにも気づきやすくなります。

SNSで宣言して自分を追い込む&仲間を作る

やはり自分一人で徹底するのは難しいので、その日やる予定のタスクを、SNS上などで公に宣言して逃げ場をなくしましょう。

例えばTwitterで、「#今日の積み上げ」「#今日のやること」といったハッシュタグをつけてツイートすれば、同志が反応してくれたりもします。

自分一人で頑張るのは大変でも、同じように頑張っている人がいることを知れるだけでも、心もちは変わるものです。

もしSNSをやっていないなら、毎日更新のために始めることをおすすめします。

あなたが仲間を探しているのと同じように毎日更新の仲間を求めている人は少なくないので、「毎日更新のために作ったアカウント」は結構ニーズがあり、発信力の向上にも繋がるはずです。

1記事書くのに最低限必要な時間を事前に確保しておく

1記事書くのにかかる時間はなんとなく見えていますか?

「3時間くらい」とか「5時間あればだいたいなんとかなる」とか、ざっくりとしたもので構いません。

そうしたらその時間を、1日のスケジュールの中の隙間にはめ込んでいってみましょう。

例えば5時間確保しようとしたら、こんな感じですね。

  • 早起き:1時間
  • 通勤:1時間
  • 仕事の昼休み:1時間
  • 帰宅から寝るまで:2時間

1日を構造化して、ブログの時間にどれくらい充てられるか真剣に考えておきましょう。

この時点で厳しいと感じるようだったら、あなたにとってブログは毎日更新する必要がないものかもしれません。

詳細は後述しますが、「1記事」の重みは人によって違います。

毎日更新して成果が出る人もいれば、週に1記事、力を込めて記事を書く方が性に合っているという人もいます。

「毎日更新」が目的なのか、それによってPV数を増やしたいのか、目的によっても変わってきますので注意しましょう。

「テーマ探し」「リサーチ」「構成」など作業を分解して書く癖をつける

1記事書く、という作業に含まれるタスクを分解して、一連のルーチンにしていきましょう。

  1. 検索ボリュームなど見つつキーワード選定
  2. キーワードを元にツールを使い競合や関連ワード調査
  3. 調査結果を元に構成を作成
  4. 構成を元に下書き
  5. 本番

あくまで一例ですが、こんな風に5段階にわければひとつひとつのタスクにおける作業時間が見えてきます。

1記事書くのに5時間かかる人は、ブログに慣れていない人ほどついまとめて5時間取ろうとしてしまいがちです。

しかし、毎日5時間の連続した空き時間を作るのは現実的ではありません。

5時間まとめて取ろうと思ったら朝か夜の二択になりますよね。そうすると、朝寝坊か寝落ちか、はたまた飲み会とか一回でも入ったらアウトになっちゃうんです。

それにそんなやり方をするとほぼ間違いなく寝不足になり、始めはよくてもすぐ継続できなくなってしまいます。

そこで、無理なく時間を確保するためには30分や1時間の隙間時間を有効活用する必要があります。

そしてそのためには、テーマ探し・事前リサーチ・構成作成など、タスクを細分化して書く癖をつけることがとても大切です。

カレンダーにいつ何のタイトルを書くか先に入れちゃう

タスクを強制的に細分化するためにも、Googleカレンダーとかに「何日に何のタイトルを書くか」という予定を入れてしまうとよいでしょう。

そうすることで、「今日は何の記事書こうかな~」というステップを強制的にスキップすることができます。

さらに、さきほどのSNSでの宣言時に「今日は○○を公開します」と言い切ってしまえば、いよいよ逃げ道はなくなります。

ただし、あまり先の予定まで入れすぎると、そのネタが時期的に古くなっていたり、自分がそのネタに興味がなくなっていたりするので、多くとも1週間分を週末に決める、程度に抑えておいた方がよいでしょう。

毎日「1.2記事」くらい書くつもりで進める

毎日更新をするときは、1日の作業量を「100%」で見積もるのではなく、「120~130%」くらいに見積もっておくのがおすすめです。

そうすると、たまに調子を崩してしまっても普段のストックでなんとかなります

調子が悪いときくらい休んでもOK、というルールにしてもいいんですが、それだと「今日の調子の悪さは休んでOKかどうか」という判断をいちいちしなければいけません。

そういう判断をするエネルギーって結構バカにならないので、減らせるなら減らすに越したことありません。

それよりも、どんなに調子が悪くても最低限1記事は更新し続けていくためにどうするかを考えた方が建設的です。

というわけで、たまに休んでOK、よりも、問答無用で毎日やる、のほうがいいと思います。

毎日更新を続けるためには「1記事の基準」が絶対に必要

最後に、毎日更新していく際の「1記事の基準」となるものを考えておきましょう。

  • どんなレベルの記事なら1記事としてカウントできるのか?
  • どんなレベルの記事を1記事として認めないのか?

これを決めておくことで、「毎日更新はできたけど成果に繋がらなかった」という本末転倒な状況を防ぎます。

理由:そもそもなんでブログを毎日更新するのか

そもそも、なんでブログを毎日更新したいのでしょう?

  1. 日記
  2. 自己のふりかえり
  3. ライティングスキルの上達
  4. フォロワー(ファン)の獲得
  5. PV数の獲得
  6. 収益化

ざっくり分けて、上記のどれかしらに当てはまるのではないかと思います。

指標:理由に沿ったゴールを設定する

なんとなくでもいいので理由を明確にしたら、その理由に沿ったゴールを設定します。

日記や自己のふりかえりなら日数とか。ライティングスキルの上達なら誰かに評価してもらうとか。

フォロワーの獲得なら人数ですし、PV数の獲得ならPV数ですよね。そしてもちろん、収益化なら収益が一番のゴールのはず。

ここを間違えて毎日更新「だけ」に捉われると、本来のゴールに繋がらない記事が量産されてしまうので要注意です。

毎日更新は確かに大事ですが、本質を失った記事に価値はないので気を付けましょう。

なお収益化と一口に言っても、アドセンスなのかアフィリエイトなのか、はたまた自社サービスへの流入が狙いなのかなどで見るべき指標はいろいろ変わってきます。

まとめ

特に最後の部分に関しては、これから毎日更新はじめようというときにそこまでやる?と思われるかもしれませんが、それくらい考えずに毎日更新続けるのは逆に難しいと思います。

クオリティを下げることを良しとすると自分で嫌になってしまうので、最低限の時間は絶対に確保することが必要です。

中には「クオリティなんて追い求めない方がいい」と言う人もいると思いますが、個人的には「クオリティにこだわらなくなった瞬間に堕落する」と思っていて、そちらへ進めば進むほど「なんで続けてるのかよくわからない」ものになってしまいがちだと思っています。

特に、数年前までのブログ界隈とここ数年のブログ界隈ではだいぶ事情が変わっていて、これから参入してそれなりの成果を出そうと思ったらまあまあ頑張る必要があるのは当然です。

長年やっている人が言うからそれに従っておけばいいとも限りませんし、そもそも成果を出している人の言う「頑張りすぎない」は、今まで頑張ってこなかった我々が想像する「頑張りすぎない」よりははるかに頑張っている可能性があります。

ぜひ真に受けすぎず、自分に必要な量を淡々とこなせる仕組みを作っていきましょう

タイトルとURLをコピーしました